Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/plus2/hinatacafe.com/public_html/manmakoto/wp-settings.php on line 512

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/plus2/hinatacafe.com/public_html/manmakoto/wp-settings.php on line 527

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/plus2/hinatacafe.com/public_html/manmakoto/wp-settings.php on line 534

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/plus2/hinatacafe.com/public_html/manmakoto/wp-settings.php on line 570

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/plus2/hinatacafe.com/public_html/manmakoto/wp-includes/cache.php on line 103

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/plus2/hinatacafe.com/public_html/manmakoto/wp-includes/query.php on line 61

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/plus2/hinatacafe.com/public_html/manmakoto/wp-includes/theme.php on line 1109
manmacoto*覚書き - 死の瞑想5

Home > 日々のくらし > 死の瞑想5

死の瞑想5


Deprecated: Function split() is deprecated in /home/plus2/hinatacafe.com/public_html/manmakoto/wp-content/themes/ma38su-wp.vicuna/functions.php on line 358

エルクが、この世での役割を終え、肉体を離れました。

死の瞑想について書こうと思ったのは、エルクのことがあったからなのかもしれません。
まだ、書いていないこともたくさんあるのに、エルクの方が、先にいってしまいました。

一足、早すぎるよ~

でも、エルクが去っていくことは、わかりきっていたこと。
与えられた時間の中で、私は、もう少しだけ、考えてみました。

・・・・

死の瞑想で、肉体を死滅させるイメージを持つと、何かが残り、それが身体から出て行くような気がします。
単なるイメージにすぎないのですが、
もし、それが死という状態に近いものだと仮定すると、抜けていくものが、いったい何なのか?という疑問が残ります。

魂?
真我?
光?
いったい何なのでしょう?

初めのころ、私は、それこそが私の実体だと思っていました。
本当の私とか、真我とか言われるものに近い感じでしょうか。
そこには、私という固有の存在を感じていました。
私が肉体から抜け出す。というような表現ができる感じです。

でも、最近、「そうではない。」と言うことに思いが変わりました。

私などありません。

私という表現ができるのは、肉体とエゴを持っている地上での状態だけのような気がします。

こんなことは、正しい答えなどありませんので、
単に、私がそう思いたいというだけのことなのですが。

エルクが去った夜、NHKで、ハッブル望遠鏡を使った宇宙の仕組みを解説した番組を見ました。

この宇宙は、138億年まえにビッグバンという爆発があり、そこから膨張しているそうです。
そして、その中では、星が誕生したり死滅したり、さまざまな生死が繰りかえされています。

星は、生命体ではありませんが、でも、生まれては消え、消えては生まれるを繰り返している営みは、命とも言えます。

その命としか表現できない、変化するもの。
それが、あらゆるものの根源なのではないかと思うのです。

ビッグバンから生まれた今の宇宙。
この宇宙も、何回目かであるという学説もあるそうです。

この宇宙自体も、誕生から、死に向かって変化しつづけているのです。

その中で、地球は、有機体の生命を生み出した、まれにみる星です。
そして、地球も誕生があり、死を遂げるときがいずれ来ます。

有機体としてのあらゆる生命体も当然、誕生と死を繰り返しています。

ひとつの肉体には、60兆もの細胞がありますが、細胞もそれぞれが、誕生と死を繰り返しています。

ひとつの赤血球も誕生と死を繰り返します。
でも、私たちの肉体のために自分があるということを知っているわけではありません。
単に、赤血球としての命をまっとうするだけです。

そう考えると、
私たちも、私たちの一生をまっとうするだけですが、次元の違うところから見ると、もしかしたら、何か大きなもののための役割を担っているのかもしれません。

すべてのものが、変化し、
誕生から死へ。
死から誕生へと繰り返されています。
それは、いったいなぜなのでしょう?

これから先は、まったくわかりません。

でも、なんとなく、
その変化の総体。変化そのもの。変化させるもの。
それが、
光であり、
神であり、
大いなるもの
なのかなぁと思っています。

そして、私にも、エルクにも、他の生物にも、
あるいは、星にも、宇宙にも、
その変化の何かが入っていて、それが、それぞれを生かしているような気がします。

ですから、
エルクは、星になったのかもしれないし、
私は、以前犬であったかもしれません。

私というものは、ありません。

私があるのは、肉体とエゴです。

・・・・

肉体とエゴを私だと思っているので、私は、苦しみます。

私はないことを知れば、苦しみは、なくなります。

・・・・

わぁ~
ものすごい禅問答になってきた~

まだまだ、つづきます。

Home > 日々のくらし > 死の瞑想5

写真日記
img_3144
leon movie
Calendar
« 9 月 2017 »
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Return to page top